生理前のニキビの原因は?なんで定期的にできるの?

生理前にニキビができる原因は、【ホルモンバランスの乱れ】です。

大人になると、若いころのように皮脂が沢山出てお肌がオイリーになりすぎることもなくなり、肌のニキビも少なくなるものなんですが、生理前になると「黄体ホルモン」が増えて、お肌がオイリーになって、肌のバリアが弱くなる為、ニキビができやすくなってしまいます。

黄体ホルモンは、生理前に増えるホルモンなので、生理後にはしばらくするとニキビや肌トラブルは改善していきます。これが、毎回生理前にニキビができやすい原因です。

原因であるホルモンバランスの乱れを整えて正常にすることが、予防や治療に重要なポイントになります。

 

生理前に増える「黄体ホルモン」とは?

「黄体ホルモン」とは「プロゲステロン」とも呼ばれ、女性ホルモンの一種です。このホルモンが増えると、お肌の皮脂分泌量が増えてしましいます。また、女性の美肌に欠かせない肌を守ってくれている「抗菌ペプチド」が減ってしまうのです!抗菌ペプチドが減ってしまうと、「お肌を保護する保護膜」がなくなってしまいます。

このお肌の保護膜は、水分の蒸発を防いでうるおいを守ってくれたり、異物やばい菌などの侵入を防いでくれています。カサカカになってしまった肌は、硬く固まってしまって、アクネ菌などのニキビの原因菌も増えやすくなり、結果として、ニキビが悪化してしまうのです。

生理前になると増える「黄体ホルモン」を抑えることと、普段からニキビの原因となる生活習慣の改善などを心掛けることがとても大切です。